【体験談】AWS-SAA試験合格までにかかった勉強時間とスケジュール

AWS

こんにちは、Masuyama です。

このブログにアクセスいただいてる方の検索キーワードを見ていたところ
「AWS SAA 勉強時間」というキーワードでのアクセスが多いことに気づきました。

しかし残念ながら、この記事を書くまでは
その疑問を解決できる記事はありませんでした。

そこで早速、私の実体験では AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト (以下、SAA) に
合格するまでに必要だった勉強時間と勉強方法、
そしてどのようなスケジュールで勉強を進めたかをご紹介します。

今回は以下の内容についてお伝えします。

1. AWS-SAA 合格までにかかった勉強時間と期間

2. 合格までに実践した勉強方法

3. 勉強開始〜合格 までのスケジュール

何らかの理由で AWS-SAA を取得しなければならない人も、
試験までのスケジュールを立てる上でこの記事を参考にできるかと思います。

それでは早速本題に入っていきましょう。

AWS-SAA 合格までにかかった勉強時間と期間

結論から伝えると、勉強時間としてはおよそ 50〜60 時間 かかりました。
(1日あたりの勉強時間は 1〜2時間ぐらい)

また、AWS-SAA のための勉強にかけた期間は 1ヶ月半 でした。

なお、試験勉強を開始した時点では AWS を触ったことがあるというレベルです。
(趣味の範疇で、参考情報を見ながら自分で EC2 サーバを立ち上げた程度)

全く AWS の概念は知らず、触ったことも無い方であれば
さらに 10 時間 ぐらいはかかるかもしれませんが、
それでも 60〜70 時間程度 に落ち着くのではないかと思います。

合格までに実践した勉強方法

次に実際に行ってきた勉強の内容についてですが、
大き分けると以下のように「使う」「学ぶ」「解く」の 3 つの勉強方法を実践しました。

  1. 使う : AWSサービスを実際に使ってみて慣れる
  2. 学ぶ: AWS-SAA の参考書で知識を付ける
  3. 解く : UdemyのWeb問題集をたくさん解く

勉強方法の詳細については、別な記事で解説しておりますので
気になる方はそちらも是非ご覧ください。

=> AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA)資格を取得できる勉強法3選

次は、上記の 3 種類の勉強方法について、それぞれどれぐらい時間をかけたか?

試験までにどのようなスケジュール感だったか?をお伝えします。

勉強開始〜合格 までのスケジュール

先にお伝えした通り、私が試験勉強を開始してから
試験を受けて合格するまでに 1ヶ月半 かかりました。

その1ヶ月半の中で、どの勉強にどれぐらいの時間と期間をかけたかについて
ここでは詳しく解説していきます。

1. 使う : AWSサービスを実際に使ってみて慣れる

まず、最初に AWS サービスを使ってみて慣れるための勉強には 10 時間
期間にすると 1週間程度を要しました。

あくまでサービスに触れ、感覚を掴むことを目的としていましたので
そこまで時間をかけていません。

しかし、ここで VPC、EC2、RDS などの主要な AWS サービスに触れておくと
試験問題に出てきた時に設定項目をイメージしやすくなるため、
合格することが第一目的だったとしても、時間を割いておいて損はないでしょう。

元々触れたこともあったため、私は 1週間程度で済ませてしまいましたが
勉強時間に明確な制限がないのであれば、
もっと時間を割き、とにかく AWS に触れてみることをおすすめします。

2. 学ぶ: AWS-SAA の参考書で知識を付ける

前項で AWS に触れた経験をもとに
今度は AWS-SAA 試験に合格するための知識を習得するフェーズですが、
私はここで およそ 10 時間、期間にすると1週間を要しました。

この期間は 勉強方法の記事でご紹介した参考書を読んで
知識を付ける インプット に集中しています。

それなりにボリュームも多いので読み進めるだけでも苦労し、
また、1周するだけではすぐ忘れてしまうので 2周することにしていました。

結果的に 1周目で 6時間、2周目は少し慣れて 4時間ぐらいの

計 10 時間を、インプットの学習に費やしています。

3. 解く : UdemyのWeb問題集をたくさん解く

最後に、問題集を解いて知識のアウトプットを行う試験対策を行いました。

やはり「覚えた知識を使えるか?」が大事ですので最も時間をかけており、
勉強時間にすると 40〜50 時間、期間としては残りの 1ヶ月 を要しました。

勉強方法の記事でもご紹介した通り Udemyの問題集) を購入しまして、
問題のボリュームとしては試験 6回分あるのですが
私は試験本番までにすべての試験問題を 4 周しました。

1回分は大体 1.5時間 分で解き、解説を読みながらの復習にさらに 2.5時間近くかかるので
1周目では試験1回分につき 4 時間近くをかかっています。

つまり 6回分の試験で 4時間×6回 = 24時間、1周するだけでもかかっています。
(当然ながら、1周目は理解するだけで必死なので大変でした・・・。)

しかし 2周目以降は知識の定着もしているので
復習も含めて 2時間で1回分をこなせるようになっていました

ここまでで、全部で 1ヶ月ちょっとかかっていましたが、
もう少し苦手な分野を詰めていけば合格点に届きそうな感触だったため、
さらに 1週間後の受験日程で AWS-SAA 試験を実際に申し込みました。

残りの期間は、2周目でも間違えた問題だけ重点的に復習したり、
試験問題の解説だけでは理解し切れないサービスや設定について
公式ドキュメントを読んで知識の拡充を図りました。

最終的には総勉強時間の 7〜8割を問題演習に費やしました
おかげで傾向と対策を理解でき、一発合格することもできたので
やはりここに一番時間と労力を使うべきだと考えています。

まとめ

今回の記事では、私の実体験をもとに AWS-SAA 試験に合格するまでにかかった
勉強時間、そしてスケジュールについてご紹介しました。

当然ながら、皆さんの AWS レベル(知識・経験)に応じて
合格までに必要な勉強時間は変わってくるとは思いますが、
「使う」「学ぶ」「解く」 それぞれにかける労力の比率は、大きく変わらないと思います。

AWS-SAA 試験を受けるまでのスケジュールに悩んでいたり、
必要な勉強時間が読めないために踏み出せていない方は
この記事を参考にしていただけると幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました